MANOTSURU
『学校蔵の特別授業〜佐渡から考える島国ニッポンの未来』

MANOTSURU
『学校蔵の特別授業〜佐渡から考える島国ニッポンの未来』

  • ¥1,600 (税別)
    数量:

説明文

酒蔵に生まれ変わった“日本一夕日がきれいな小学校”を舞台に3人の識者と考える地方のあり方

2010年に廃校となった“日本で一番夕日がきれいな小学校”と謳われた西三川小学校。この廃校が2014年、
酒造りの場、酒造りを学ぶ場、交流の場、そして環境の場として活用する「学校蔵」としてよみがえった。
その活動の一環として「学校蔵の特別授業」と題したワークショップがある。島内外の人が学校蔵の教室に
集まって、「佐渡から島国ニッポンの未来を考える」という取り組みだ。

自然風土、文化、歴史ともに多様性に富み、海に囲まれているが故に独自の文化を形成してきた佐渡島は、
人口減少、高齢化などの課題先進地であり、自然環境だけでなく、社会現象の面からも「日本の縮図」といえる。

本書は、過去2回開催された「学校蔵の特別授業」で講義した藻谷浩介・日本総合研究所主席研究員、
酒井穣・BOLBOP代表取締役CEO、玄田有史・東京大学社会科学研究所教授を迎え、紙面にて授業を再現した。
「地方」をキーワードに、話は佐渡島から、日本の地方と都会、そして世界とのつながりへと広がっていく。
また、人口の高齢化やIT(情報技術)の進化をはじめとする、これからの社会の激変と私たちはどう向き合って
生きていけばいいのか。個人としてのあり方についてもヒントが得られる。

【地方と経済】
 都会と地方、ではなくて元気な地位とダメな地域に変わる
 ――藻谷浩介・日本総合研究所主席研究員

【地方と仕事】
 佐渡の課題解決に仲間として取り組む学校蔵プロジェクトなら移住しやすい
 ――酒井 穣・BOLBOP代表取締役CEO

【地方と希望】
 昔は地方から都会に出ていく物語だったが、今はそうではない気がする
 ――玄田有史・東京大学社会科学研究所教授


【目次】
●写真に見る「学校蔵」と佐渡島(撮影:伊藤善行)
●なぜ私たちは「学校蔵」をつくったのか
●3人の識者と“日本の縮図”佐渡島から未来を考える
(1)藻谷浩介さん(日本総合研究所主席研究員)
 「子供基準」で行動すれば、人も自然も豊かになっていく
(2)酒井穣さん(BOLBOP代表取締役CEO)
 長期で見れば地方は絶対に勝つ、仕事のあり方が変わる近未来の生き方
(3)玄田有史さん(東京大学社会科学研究所教授)
 地方に見出す「希望」、手応えのある生き方を求めて
●「学校蔵」と佐渡島と私たちのこれから

尾畑留美子 著 発行日2015年11月24日
発行:日経BP社

成分表

  • 分類  
  • アルコール度  
  • 日本酒度  
  • 酸度  
  • アミノ酸度  
  • 原料米・麹米  
  • 同・掛米  
  • 精米歩合  
  • 使用酵母  

カテゴリ

商品一覧はこちら