ご挨拶

「真野鶴」醸造元・尾畑酒造は、明治25年(1892年)に初代・尾畑与三作(よそさく)が真野村新町(現・佐渡市真野新町)の地に江戸時代より続く山本家の銘醸蔵を譲り受け創業しました。以来、酒造りの三大要素といわれる「米」「水」「人」に、それらを育む「佐渡」を加えた「四宝和醸」(しほうわじょう)を掲げ、佐渡の自然と文化を活かした酒造りに専心し、平成24年(2012年)に2回目の還暦となる120周年を迎えます。

日本酒は土地が育むものです。それは単に「米」や「水」のことだけでなく、その地の気候風土や食、さらには伝統文化などにも大きく影響され成熟されていくのです。「真野鶴」は佐渡で生まれ、佐渡に育てられてきました。

平成23年6月11日に佐渡は「生き物を育む農法」への取り組みにより、日本で初めて世界農業遺産(GIAHS)に認定されました。当社でも既に佐渡市の≪朱鷺と暮らす郷認証米≫制度に則って環境に優しく、減農薬・減化学肥料による酒米の契約栽培は行ってきております。今後ますます佐渡の自然環境、そして醸造地としての環境を考慮してこうした活動に力を注いでいきます。

「真野鶴」は佐渡とともに新たな60年を歩み始めます。島民の方々はもちろんですが、日本の、さらには世界の方々にご愛飲いただくことにより、佐渡の素晴らしさを少しでも伝えていきたいと願っています。そして、佐渡の宝を和して醸した酒が、皆様の和みを醸すことができれば幸いです。

平成23年8月吉日

プロフィール

平島 健(ひらしま たけし)

昭和39年10月11日生まれ。
東京都出身。
明治大学政治経済学部経済学科卒業。
(株)角川書店に入社し、雑誌編集の仕事に携わる。
月2回刊のビデオと映画の情報誌「ビデオでーた」で副編集長、首都圏情報を網羅した週刊誌「東京ウォーカー」で表紙担当を歴任。
平成7年、結婚を機に佐渡へ移り妻の実家である 『真野鶴』醸造元・尾畑酒造(株)に入社。
平成20年、5代目蔵元・代表取締役社長に就任し現在に至る。
また、新潟県酒造組合の需要振興委員会副委員長、新潟清酒達人検定協会の実行委員として新潟清酒全体のPRも行なっている。

2002年 佐渡青年会議所理事長
2003年 新潟県酒造組合需要振興委員
2007年 新潟県酒造組合より出向し、新潟清酒達人検定協会の設立を担当
2008年 佐渡市小中学校PTA連合会会長
2008年 尾畑酒造代表取締役社長就任
2011年 佐渡観光協会中央支部副支部長就任