会社概要

社名
尾畑酒造株式会社
所在地
〒952-0318 新潟県佐渡市真野新町449
TEL番号
0259−55−3171(代表)
FAX番号
0259−55−4215
メールアドレス
shop@obata-shuzo.com
ホームページ
www.obata-shuzo.com
代表者氏名
代表取締役会長 尾畑俊一
代表取締役社長 平島 健
創業年
明治25年
資本金
1,000万円
出荷数量
約1,500石
メインバンク
北越銀行
主要取扱先
ANAクラウンプラザホテル新潟、グランドハイアット東京
主要輸出国
アメリカ合衆国、カナダ、シンガポール、韓国、台湾、タイ、他
受賞歴
(2001年以降)
全国新酒鑑評会『金賞』11回、
関東信越国税局酒類鑑評会『優秀賞』4回、
2007、2014、2015 IWC『ゴールドメダル』
ほか
主な販売銘柄
真野鶴
主な販売エリア
総出荷数量の約80%が新潟県内

尾畑酒造:近年の歩み

1892年
尾畑酒造創業
 
(略)
1983年
新潟県内では第一号となる酒蔵見学を開始
1987年1月28日
代表取締役社長・尾畑俊一(当時)、バチカンにてローマ法王ヨハネ・パウロ二世と特別謁見果たす。
1994年7月
佐渡金山坑道に清酒貯蔵を開始
2003年3月
国際線航空の機内酒に採用
2003年3月
海外輸出を開始
2009年6月
尾畑農園「旬ちゃん野菜」販売開始
2009年10月
「普通酒」クラスの製造を廃止、特定名称酒のみ限定醸造
2010年1月
世界初 日本酒ベースのショコラ・リキュールを発売
2010年6月
日本酒交流推進活動「ファースト酒プログラム」開始
2014年5月
廃校を活用した『学校蔵プロジェクト』開始
2014年秋
東京大学IR3S(サステイナビリティ連携研究機構)と共同プロジェクト開始
2015年11月
『学校蔵の特別授業〜佐渡から考える島国ニッポンの未来』出版(日経BP社)
2016年5月
日本酒の味わいを科学と感性で読み解く『SAKEラボ』プロジェクト開始
2016年5月
産経新聞とのコラボ『辛口産経』プロジェクト開始