●学校蔵とは

学校蔵とは新潟県は佐渡島にある廃校を酒蔵として再生させた場所です。
仕込み蔵として夏の間に冷涼な環境を作って酒造りをしています。
原材料は佐渡産。そして酒造りのエネルギーも佐渡産にすべく、再生可能エネルギーを取り入れています。ここでは、日本酒の仕込みを学びたい方が参加できる「学校蔵の酒造り体験プログラム」を実施しています。
本年度は≪1週間コース≫に加えて、より長期かつ本格的に学べる≪20日間コース≫をご用意しました。
ご興味のある方は、下記をご確認の上、ご応募下さい。
*学校蔵の詳細については、こちらをご覧ください
*2022年より、学校蔵には宿泊ルームとカフェが新設されました。
*学校蔵は2020年、内閣府の「日本酒特区」第一号に認定されています。

●体験内容について

酒造り体験プログラムの内容は、製麹・三段仕込みを中心に通っていただく≪一週間コース≫と、酒母工程から製麹・三段仕込みまでご参加頂く≪20日間コース≫がございます。

《30秒で見る体験プログラム》

《一週間コース》酒造り体験プログラム

【体験の内容】

清酒製造のコア部分である製麹から三段仕込みまでの工程を一週間で体験して頂きます。
期間中には洗米、浸漬、蒸米、製麹、仕込みといった作業はもちろん、地域循環を理解してもらうための酒米の圃場見学、作業の意味を知ってもらうためのオリエンテーション、専門的な官能検査を経験して頂く利き酒実習などを合わせて行います。
また、夜の麹作業も一回体験して頂きます。その際には学校蔵に新設した宿泊ルームで一泊して頂きます。

 
《具体的な酒造り工程例》
1日目
オリエンテーション、蒸米、製麹(添え麹、仲麹)
2日目
製麹2日目、洗米、浸漬、酒米の圃場見学
*2日目または4日目に夜の麹作業(懇親会&宿泊付)
3日目
蒸米、製麹(留麹)、洗米、浸漬
4日目
蒸米、添え仕込み、製麹2日目
5日目
踊り、洗米、浸漬、利き酒実習
6日目
蒸米、仲仕込み、洗米、浸漬
7日目
蒸米、留仕込み、卒業式

*8:00〜16:30が基本となりますが、日によって中休みが長い日や午前のみの日がございます。
*最終日はお昼前後に終了予定です。
*予定は変更になることがございます。
*その他、フィールドワークのカリキュラムやオプショナルツアーなどもございます。

体験風景

【体験日程】

クラス 期 間
1組 募集終了 2022年5月30日(月)〜6月5日(日)
2組 募集終了 2022年6月13日(月)〜6月19日(日)
3組 企業コラボレーション
4組 募集終了 2022年7月11日(月)〜7月17日(日)
5組 募集終了 2022年7月25日(月)〜7月31日(日)
6組 募集終了 8月15日(月)〜8月21日(日)

【詳細内容】

参加費用: 80,000円(税込)
体験時のユニフォーム代、利き酒セミナー用の試飲酒、試薬代、一泊の宿泊代、一回の懇親会費を含みます。
募集人数: 各回4名程度
対象: 20歳以上の健康な方(国籍は問いません)
実施場所: 主に学校蔵(佐渡市西三川1871)
準備品: 動きやすい服装
実施条件: 原則として一週間通して参加できる方

【応募方法】

このページ末の応募フォームよりお申込み下さい。内容を精査しましてこちらよりご連絡いたします。


《20日間コース》酒造り体験プログラム

【体験の内容】

酒母工程から清酒製造のコア部分である製麹から三段仕込みまでを20日間で体験して頂きます。
期間中には洗米、浸漬、蒸米、製麹、仕込みといった作業はもちろん、地域循環を理解してもらうための酒米の圃場見学、作業の意味を知ってもらうためのオリエンテーション、専門的な官能検査を経験して頂く利き酒実習などを合わせて行います。
また、夜の麹作業も2回体験して頂きます。その際には学校蔵に新設した宿泊ルームでお泊り頂きます。
なお、オプションでもろみ管理から上槽までを加えることも可能です。

 
《具体的な酒造り工程例》
1日目
オリエンテーション、蒸米、製麹(酒母麹)
2日目
製麹2日目、洗米、浸漬
*夜の麹作業(懇親会&宿泊付)
3日目
蒸米、酒母仕込み
4日〜13日目
酒母操作
14日目
オリエンテーション、蒸米、製麹(添え麹、仲麹)
15日目
製麹2日目、洗米、浸漬、酒米の圃場見学
*夜の麹作業(懇親会&宿泊付):17日目になる場合があります
16日目
蒸米、製麹(留麹)、洗米、浸漬
17日目
蒸米、添え仕込み、製麹2日目
18日目
蒸米、仲仕込み、洗米、浸漬
19日目
蒸米、仲仕込み、洗米、浸漬
20日目
蒸米、留仕込み、卒業式

*8:00〜16:30が基本となりますが、日によって中休みが長い日や午前のみの日がございます。
*最終日はお昼前後に終了予定です。
*予定は変更になることがございます。
*その他、フィールドワークのカリキュラムやオプションツアーなどもございます。
*4日〜13日目の酒母操作のみの日は、作業が極端に少なくなりますので予めご了解ください。
*応募状況によって、1週間の仕込み体験の方と最後の一週間はご一緒になる可能性があります。

体験風景

【体験日程】

クラス 期 間
A-1組 募集終了 5月17日(火)〜6月5日(日)

【詳細内容】

参加費用: 150,000円(税込)
体験時のユニフォーム代、利き酒セミナー用の試飲酒、試薬代、2泊の宿泊代、2回の懇親会費を含みます。
募集人数: 4名程度
対象: 20歳以上の健康な方(国籍は問いません)
実施場所: 主に学校蔵(佐渡市西三川1871)
準備品: 動きやすい服装
実施条件: 原則として20日間通して参加できる方

【応募方法】

下記応募フォームよりお申込み下さい。内容を精査しましてこちらよりご連絡いたします。

 

【募集終了】

たくさんのご応募ありがとうございます。
恐縮ながら定員に達したため、募集は締め切りとさせて頂きます。


《注意事項》

*お申込みの方は、こちらの注意事項にすべて同意して頂くことを前提と致します。

  • このプログラムの目的は蔵人と実際に酒造りを体験することによって、お酒と生産地のより深い理解を得ることです。座学よりも実作業体験をメインとしております。
  • 佐渡島外よりお越しの方は、交通費と宿泊費、食費等が別途必要になります。(プログラムに含まれる宿泊と懇親会を除く)
  • 作業内容は予告なく変更になる場合がございます。
  • 日によって作業時間は異なります。僅かな時間で終わってしまう日もあり、作業時間以外はすべて自由行動となります。
  • 原則、すべての日程にお越し頂くことが条件となります。作業中は危険を避けるため、蔵人の指示に従ってください。
  • 清潔で動きやすい服装で。なお、寒い部屋と暑い部屋での作業があります。
  • 学校蔵では香水、マニキュア、喫煙はご遠慮いただきます。
  • 参加者は毎朝体温を計測の上、37.5度以上の熱がある場合や激しい咳がある場合は参加をご遠慮頂きますのでご了承下さい。
  • 参加者はマスクの持参着用をお願いします。
  • お車のご用意がない場合、本社蔵と学校蔵の間のみ送迎が可能です。それ以外は対応しておりません。
  • プログラムで組み入れてある学校蔵での宿泊日以外について、宿泊先は特に斡旋しておりませんが、レンタカーを借りたり自家用車でお出でにならない場合は、佐渡市真野新町449にある尾畑酒造に通いやすいところをお勧めします。
  • 学校蔵での宿泊一泊分(20日間コースは二泊分)は参加費用に含まれています。別の日も宿泊をご希望の場合はご相談下さい。(別途有料)
  • 体験プログラムの間、写真やビデオの撮影を行うことがございます。これらは記録の他、プロモーションなどで使用する場合がございますので、予めご了承下さい。
  • 社会状況によってはPCR検査報告書の提出をお願いする場合がございます。(恐縮ながら自己負担でお願い申し上げます)
  • 終了後に卒業レポートを提出いただきます。

*中止の場合のご連絡はスタート日の2週間前までにするように致しますが、社会状況によりそれ以降に急きょ中止となる場合もございます。あらかじめご理解の上、ご了承下さい。
*中止に伴う交通や宿泊のキャンセル料はご負担できませんので、ご留意ください。

 

≪今後の流れについて≫

  • ご応募頂きました内容を精査しまして、参加可否についてこちらよりご連絡します。
  • ご参加される方は、参加費の振り込みと写真付きIDの提出をもって正式な参加決定となります。
  • 参加者にはその後詳細のご連絡を申し上げます。