純米1901ひやおろし

説明文

ご好評をいただいております最新の協会酵母1901で醸した純米酒の秋バージョン「真野鶴・純米1901ひやおろし」を発売いたします。
軽い立ち香、心地よい含み香、バナナのようなマイルドな香りと優しい甘味、それを程良い酸が引き締める絶妙な香味バランスが特徴です。
■尚、本商品は10月12日にテレビ大阪で紹介された「超・真野鶴ひやおろし」(日本酒度+20.5)とは異なる商品ですので、ご確認の上、ご注文くださいませ。


「ひやおろし」とは?
春にしぼったお酒は一度火入れしたあと貯蔵されます。暑い夏の間タンクで寝かせて、蔵の温度と外気の温度の差があまりなくなった頃に火入れをせずに生詰めで出荷するお酒のことを「ひやおろし」と言います。味わいが丸く深みを増してまいります。

成分表

分類
純米
アルコール度
16.5
日本酒度
+3
酸度
1.35
アミノ酸度
1.05
原料米・麹米
五百万石
同・掛米
こしいぶき
精米歩合
60%
使用酵母
協会1901号
原材料名
五百万石

テイストマップ